NVIDIA

お使いのブラウザーは対応していません。

お使いのウェブブラウザーはこのウェブサイトでは対応していません。いくつかの機能が正常に動作しない可能性がございます。アップグレートいただくか下記のブラウザーのどれかをインストールください。よろしくおねがいします。

Featured Posts

nvidia-software_jp 0

NVIDIAがGPUコンピューティングの最先端機能を高める重要なソフトウェア更新の詳細をご紹介

NVIDIAはハードウェア・プラットフォームでもっともよく知られていますが、当社のソフトウェアも、最先端のGPUアクセラレーテッド・コンピューティングの発展において重要な役割を担っています。 このたび、その一連のソフトウェアをパッケージ化した「NVIDIA SDK」に、重要なソフトウェア更新を行い、当社の年次「GPUテクノロジ・カンファレンス」(GTC)で発表しました。当社の新しいPascalアーキテクチャを採用したNVIDIA SDKによって、開発者は、より簡単に当社のプラットフォーム上で優れたソリューションを開発できるようになります。

Image by Chief Design Officer Daniel Simon / Roborace Ltd. 0

行け、自律走行スピード・レーサー!行け、NVIDIA DRIVE PX 2!世界初のロボット・モーター・スポーツ競技会を成功させるために

先月のF1オーストラリアGPでのフェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso)氏の恐ろしいクラッシュは、パフォーマンスのために、人間がどこまで車を追い込むかを表しています。 人命を危険にさらすことなく、レースカーを次なるレベルのパフォーマンスへと挑戦させることができたとしたらどうでしょう。

self-driving-cars-2_jp 1

GPSより高度に――HDマップが自律走行車に道を示す

ドライバには常に地図が必要でした。それは自律走行車も例外ではありません。実際、精度の高い地図は、自律型ビークルを実現させるために不可欠です。 そこで本日、NVIDIAのCEOであるジェンスン・フアン(Jen-Hsun Huang)がGPUテクノロジ・カンファレンスで発表した、NVIDIAによるエンドツーエンドの自律走行車用マッピング・プラットフォームの登場です。

virtual-reality-surgery_jp 0

GPUを搭載したバーチャル・リアリティがUCLAのトップレベルの外科医を支援

米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校は、Surgical Theaterの新しい医療バーチャル・リアリティ部門(mVR)により、世界で最も進んだ外科医療環境を備えています。その様子は、NVIDIAが来月シリコンバレーで開催するGPUテクノロジ・カンファレンスで紹介されます。

mapping-poverty-data-gpus_JP 0

GPUが世界の貧困マップの作成に貢献

編集部注:本稿は、2016年のNVIDIAグローバル・インパクト・アワードの最終候補5組のプロフィールを紹介する記事の1つです。このアワードでは、社会的な問題、人道的な問題、環境問題に対処するための革新的な研究をNVIDIAの技術を利用して行った研究者に、賞金$150,000を授与します。