NVIDIA

お使いのブラウザーは対応していません。

お使いのウェブブラウザーはこのウェブサイトでは対応していません。いくつかの機能が正常に動作しない可能性がございます。アップグレートいただくか下記のブラウザーのどれかをインストールください。よろしくおねがいします。

Featured Posts

volvo-safety-self-driving_jp 1

変化を推進:ボルボの「Drive Me」プロジェクトで、自動運転=安全となる

ボルボは長年、安全と同義語とされてきました。今日、スウェーデンのこの自動車メーカーの最新の取り組みにより、自動運転車両も安全と同じ意味になる可能性があります。 NVIDIAの年次GPUテクノロジ・カンファレンスでは、500人以上の参加者が、「Drive Me」プロジェクトの一環としてNVIDIA DRIVEを利用するボルボの計画に耳を傾けました。当プロジェクトでは、100台のテスト車両を、ボルボの本拠地ヨーテボリの指定された道路で走らせます。 

speech-recognition-gpus_jp 0

GPUを利用した新たな取り組みによりシンプルになった音声認識

音声認識は、当初のぎこちないものから、携帯電話や車、コンピュータなどあらゆるものとのやりとりに使われるようになった今日まで、長い道のりを歩んできました。 しかし、カーネギー・メロン大学(CMU)とGoogle Brainの研究者により、より高速かつ高精度の音声認識を実現するめどが立ってきました。 研究者は音声認識への新たなアプローチを選んだ、とカーネギー・メロン大学の博士課程学生であるウィリアム・チャン(William Chan)氏は今週火曜、GPUテクノロジ・カンファレンスの聴衆を前に語りました。

robot-recycling-sadako_jp 0

ロボット・リサイクルの新興企業SadakoがNVIDIAの「Early Stage Challenge」で10万ドルを獲得

NVIDIA「Early Stage Challenge」の10万ドルに手を伸ばし、つかみ取るには、ロボット・アームは必要ありません。このイベントは毎年、GPUテクノロジ・カンファレンスの「新興企業サミット」内で開催されるものです。しかし、このセオリーは、今年は当てはまらなかったようです。駆け出しの新興企業12社による2時間にわたるハイテク戦の末、Sadako Technologiesがトップに躍り出て、10万ドルの小切手をその場で手にしました。