NVIDIA

お使いのブラウザーは対応していません。

お使いのウェブブラウザーはこのウェブサイトでは対応していません。いくつかの機能が正常に動作しない可能性がございます。アップグレートいただくか下記のブラウザーのどれかをインストールください。よろしくおねがいします。

Featured Posts

nvidia-drive-px-awarded-at-international-auto-aftermarket-expo_jp-720x340 1

NVIDIA DRIVE PXプラットフォーム、ディープラーニングアクセラレーション技術がATTTアワードの「自動運転/AI部門」の優秀賞を受賞

2016年3月16日~18日の期間にわたって開催された「第7回 国際自動車通信技術展」。これに合わせて開催された「ATTTアワード」の「自動運転/AI部門」優秀賞に、NVIDIA DRIVE PXが選出され、3月16日に行われた授賞式にて表彰されました。

brain-damage_jp-720x340 0

グローバル・インパクト:インペリアル・カレッジ、GPUによって脳損傷領域の特定方法を開発

編集部注:本稿は、2016年のNVIDIAグローバル・インパクト・アワードの最終候補5組のプロフィールを紹介する記事の1つです。このアワードでは、社会的な問題、人道的な問題、環境問題に対処するための革新的な研究をNVIDIAの技術を利用して行った研究者に、賞金$150,000を授与します。

nvidia-vr-gaming_jp-720x340 0

NVIDIAがVRを実現している10の例

私のバーチャル・リアリティの第一印象は、1990年代初め、Dave & Bustersというレストランにあったブースの中でプレイしたDactyl Nightmareにさかのぼります。今どきのゲームに比べると見劣りしたものの、私を含め、同世代の未来のエンジニアやゲーマーはみな魅了されました。 その世代が今や大人となり、VRも成熟しました。

ECS_startup-gtc 2

来月、シリコンバレーでAI、VR、ロボット工学分野の新興企業が10万ドルをかけて競う

来月、テクノロジ分野で有数の新興企業がしのぎを削り、10万ドルと名誉を手にするチャンスをかけて競います。  NVIDIAは、今年の第8回年次「新興企業サミット」(ECS)の目玉イベントである「Early Stage Challenge」に向けて、世界中から寄せられた100件を超える応募の中から新興企業12社を選定しました。各社ともシード資金で得た額はわずか100万ドルにもかかわらず、すでに自社テクノロジに対する受賞歴を持つ企業がほとんどです。

gdc-2016-unity-vr_jp-720x340 0

GDC 2016: Unityゲーム・エンジンがVRWorksを新たにサポート

サンフランシスコで開かれたゲーム・デベロッパ・カンファレンス(GDC)で、NVIDIAによるバーチャル・リアリティ(VR)の勢いがさらに大きく増しました。Unity Technologiesが、VR SLIやMulti-res ShadingといったNVIDIA VRWorksのサポートをUnityゲーム・エンジンに追加すると発表したのがその理由です。