NVIDIA

お使いのブラウザーは対応していません。

お使いのウェブブラウザーはこのウェブサイトでは対応していません。いくつかの機能が正常に動作しない可能性がございます。アップグレートいただくか下記のブラウザーのどれかをインストールください。よろしくおねがいします。

NVIDIA Clara プラットフォーム: 人工知能で放射線医学をサポート

hdr-ai-healthcare-gtc

NVIDIA の Clara はオープンで拡張可能なコンピューティング プラットフォームであり、開発者は、インテリジェントな機器を開発し、自動医療ワークフローを生成するために、ハイブリッド (組み込み、オンプレミスまたはクラウド) コンピューティング環境で医用画像処理アプリケーションを構築し、展開することができます。

Clara プラットフォームは、ゲーム、自律走行車、クラウド コンピューティングのような他の業界で実証済みの技術の発展を医用画像処理業界で活用することを目的としています。

以下の動画で、放射線医学への応用を促進するために、NVIDIA Clara プラットフォームがどのように使用されているかをご覧ください。

Clara: シネマティック レンダリングによる放射線医学の拡張

医用画像の 3D シネマティック レンダリングは、放射線医学に革命をもたらし、まったく新しい診断方法や治療の進め方を可能にしています。NVIDIA GPU を活用する NVIDIA Clara によって、従来の医用画像処理技術では到達できなかったレベルで、人体の内部を視覚化できるようになりました。

Clara: 人工知能が医療機器の可能性を広げる

放射線医学の世界に人工知能とディープラーニングを取り入れることで、まったく新しい方法で医用画像を視覚化できるようになります。MRIスキャンは、多くの症状を診断するために不可欠な手段です。これには時間がかかり、検査の精度を向上させるために造影剤が必要になる場合もあります。NVIDIA Clara を活用すれば、画像の質を落とすことなく、MRI スキャンが 4 分の 1 の時間で済むようになり、造影剤の量を減らすことも可能です。

Clara: 医用画像処理における 3D 変換

心臓のエコー画像を基に正確な診断を行うには、いくつもの手動測定とかなりのスキルが必要です。NVIDIA Clara なら、人工知能と GPU の処理能力によって、きめの粗い 2D 画像を鮮明な 3D 画像に変換できるため、より直観的に診断できるようになります。

NVIDIA Clara Train SDK の早期アクセスを希望の方は、こちらからご登録ください。

You may also like...