NVIDIA

お使いのブラウザーは対応していません。

お使いのウェブブラウザーはこのウェブサイトでは対応していません。いくつかの機能が正常に動作しない可能性がございます。アップグレートいただくか下記のブラウザーのどれかをインストールください。よろしくおねがいします。

NVIDIA、Autodesk および RED と連携し、ノート PC での 3D アニメーションの制作と 6K ビデオの編集を可能に

hdr-autodesk-red-3d-animation-6k-video-editing-laptops

まもなく、複雑な 3D アニメーションの制作であっても、あるいは高解像度ビデオの編集であっても、最高の仕事を外出中に行えるようになるでしょう。

今週、ラスベガスのコンシューマー エレクトロニクス ショー (CES) において、NVIDIA は、新しい薄型、軽量の GeForce RTX Max-Q ノート PC で、ハードウェア アクセラレーション型のレイ トレーシング、AI を活用したグラフィックス、先進のビデオ プロセッシングが可能になったことを示すデモを行います。

Autodesk Arnold、Maya および 3ds Max との連携による、GPU によって加速させたレイ トレーシング

レイ トレーシングは、3D アニメーションを絶えず変化させています。レイ トレーシングにより、コンテンツ クリエイターは、ライト、リフレクションおよびシャドウを正確にシミュレートし、よりリアリスティックな映画やゲーム、オンライン ビデオを作れるようになります。CES において、NVIDIA は、GeForce RTX 2080 搭載のノート PC を使う Maya および 3ds Max のユーザーが、外出中に今後登場予定の RTX で加速させた Arnold レンダラーを使って、アニメーションをより迅速に修正および微調整する方法を公開しています。

これまでの CPU アプローチでは、3D モデルの単一のビューをレイ トレーシングするのに、数分あるいはそれ以上の時間がかかる場合があります。つまり、アーティストが小さな変更を加えたり、あるいは異なった角度からモデルを見たりする場合、待ち時間が増え、制作のための時間が少なくなるのです。もはや、そんなことはありません。

NVIDIA と Autodesk は、RTX GPU を使って Arnold で正確にレイ トレーシングを行えるようにするため、協業します。これにより、アーティストは、モデルをよりインタラクティブに作業できるようになり、ハードウェアの待ち時間を減らすことができます。新しい RTX 2080 を搭載したノート PC により、アニメーターは、作品をこのノート PC で持ち運び、ハイエンドのデスクトップ CPU1 に比べて最大 7.5 倍速いレイ トレーシング性能を体験できるようになります。

Autodesk のメディア & エンターテインメント向け製品のバイス プレジデントであるクリス ヤング (Chris Young) 氏は、次のように話しています。「NVIDIA RTX テクノロジにより、Arnold のポテンシャルがこれまで以上に発揮されるようになるでしょう。当社のユーザーは、より速くなったレイ トレーシング性能を利用して、外出中に作品をより早く完成できるようになるでしょう」

ハリウッドの専門家とオンライン クリエイターの垣根をなくす 6K ビデオ編集

あなたがビデオ制作を仕事にしているのなら、驚きを常に求められていることでしょう。そのために、撮影中も現地でビデオのチェックや編集をできるようにすることや、内容の確認をあとでする必要がないようにすることは、ただ重要なのではありません。不可欠なのです。

コンテンツ クリエイターや映像作家は、即座のフィードバックを必要としています。それにより、迅速な意思決定ができたり、初期のテイクを見てからシーンを再撮影できたりするようになるからです。しかし、高解像度の RAW ビデオの仕事では、ノート PC ではなく、ハイエンドのワークステーションを持ち歩くことがあります。今までは、そうでした。


画像提供: Phil Holland 氏

CES において、NVIDIA は、新しい GeForce RTX 2080 Max-Q 搭載のノート PC を使い、毎秒 60 フレームのフル解像度で再生される 6K RED RAW ビデオを公開しています。移動中も高解像度のビデオで作業する、パワフルな方法を提示しているのです。

これを可能にしているのが、新しい NVIDIA CUDA にて加速される REDCODE SDK です。これにより、プレキャッシングや低解像度プロキシの生成を行わず、リアルタイムでビデオを編集することができます。さらに、GeForce RTX 2080 ノート PC により、半分の解像度で、8K コンテンツの再生、編集およびカラー グレーディングも行うこともできます。

RED Digital Cinema の社長であるジャレッド ランド (Jarred Land) 氏は、次のように話しています。「NVIDIA と一緒に、両社のお客様に、よりよいエクスペリエンスを提供する方法を引き続き模索できるようになり、喜ばしく思っています。最初は、NVIDIA のアドイン カードを通じて、リアルタイムで高解像度 8K を再生する GPU デコードの開発でしたが、今回は、現場で仕事をしている、RED オーナーの皆さまがより早く再生できるようにする、より簡単なソリューションとなります」

RTX 搭載のノート PC: クリエイターのための設計

GeForce RTX 搭載のノート PC は、コンテンツ製作のための驚異的な性能を発揮するだけでなく、クリエイター向けのテクノロジが数多く装備されています。

NVIDIA Max-Q テクノロジにより、ノート PC は、より薄く、より発熱が抑えられ、より静かになっています。NVIDIA G-SYNC テクノロジにより、コンテンツ制作に最適の、テアリングのない、正確な色のディスプレイが生まれています。さらに、RTX の新しいハードウェア ビデオ エンコーダーが、ビデオ編集者および配信者が望む、早くて、高品質なビデオ エンコーディングを実現しています。

あなたがビデオ編集者であっても、3D アニメーターであっても、その他のコンテンツ クリエイターであっても、GeForce RTX ノート PC の性能、機能およびモビリティをきっと気に入ることでしょう。

新しい RTX ノート PC についての詳しい情報はこちら、クリエイター向けの NVIDIA ソリューションについての詳しい情報はこちら

1 Core i9 7900X CPU デスクトップ PC と RTX 2080 ノート PC を比較するために、Arnold で測定した性能。
2 10:1 の圧縮比でキャプチャされた、RED 6K RAW ビデオで測定した性能。


You may also like...