NVIDIA

お使いのブラウザーは対応していません。

お使いのウェブブラウザーはこのウェブサイトでは対応していません。いくつかの機能が正常に動作しない可能性がございます。アップグレートいただくか下記のブラウザーのどれかをインストールください。よろしくおねがいします。

Category: Deep Learning

artistic-video-sample-720x340 1

ディープラーニングでビデオが名画風に

最近では、InstagramやSnapchatのおかげで、画像やビデオに手軽にフィルタを追加できるようになりました。とはいえ、スマートフォンのビデオを、ゴッホの「星月夜」やムンクの「叫び」といった名画風に変換できるとしたらどうでしょうか?

speech-recognition-gpus_jp 0

GPUを利用した新たな取り組みによりシンプルになった音声認識

音声認識は、当初のぎこちないものから、携帯電話や車、コンピュータなどあらゆるものとのやりとりに使われるようになった今日まで、長い道のりを歩んできました。 しかし、カーネギー・メロン大学(CMU)とGoogle Brainの研究者により、より高速かつ高精度の音声認識を実現するめどが立ってきました。 研究者は音声認識への新たなアプローチを選んだ、とカーネギー・メロン大学の博士課程学生であるウィリアム・チャン(William Chan)氏は今週火曜、GPUテクノロジ・カンファレンスの聴衆を前に語りました。

ibm-watson-gtc-high_jp 1

IBM、ダンスを踊り、あなたのプロフィールから悲しみと怒りを感じとるマシンをGTCで発表

海岸をゆっくり散歩したり、人生の新たな章を歩み始める、といった言葉を並べたとしても、周りにはあなたの本当の姿は丸見えです。また、それができるマシンも少なくとも1台誕生しています。 GPUテクノロジ・カンファレンスの基調講演で、IBMフェローであり、Watson担当バイスプレジデント兼最高技術責任者であるロブ・ハイ(Rob High)氏は、次のような事例を紹介しました。IBMのWatsonコグニティブ・コンピューティング・テクノロジにより、出会い系サイトのひどく陳腐なプロフィールから悲しみや怒りを読みとったり、からかうような質問に対しておどけて踊ることをロボットに教えたりすることが可能だというのです。